旅行したいけど人混みはイヤだな、という人のためのおすすめスポット part2

 

こんにちは、ヤマノカホ(@kaho_yamano)です。
バタバタとしていて、およそ1ヶ月が経ってしまいました。継続が大事なんだけどなぁ…と、反省しています。
 
書きたい話は溜まっているので、わーッと書いていきたいと思います。
 
さて、前回は「旅行したいけど人混みはイヤだな、という人のためのおすすめスポット part1」と題して、直島について書いていきました。
 
今日は、その直島からもフェリーもしくは高速船で行くことができる豊島について、書いていきます。
 

豊島って、知ってる?

豊島って、ご存じですか? 不肖ながら、わたしは瀬戸内旅行の計画を立てていくなかで知りました。この豊島、「てしま」と読みます。ふたたび不肖ながら、計画を立てるなかで度々出てくる「豊島」の文字を、わたくしは読むことができませんでした。瀬戸内についてから、読み方を知りました…
 
そんな豊島について、ご紹介していきます。
 

 豊島って、どんなとこ?

 
豊島は、前回は紹介した直島よりも勾配がキツかった印象があります。また、小回りがきいた方が便利な地形でした。そのため、電動自転車を使うのが無難だと思います。電動自転車は、港のすぐそばでレンタルしているので、ぜひご利用ください。(宣伝しているみたいですね。笑)
 
そんな豊島ですが、作品が展示されている場所は大きく分けて「家浦」「唐櫃」「甲生」という3つの地区からなります。
 

おすすめの作品は?

では、各地区のおすすめ作品を紹介していきます。(ブログをはじめる前に行った旅行なので、写真を全然撮っていないです。すみません…)
 
まずは「家浦」。
家浦には直島と宇野港からの高速船やフェリーが着く港があります。つまりは、豊島の玄関口のひとつですね。こちらのオススメは、なんといっても横尾忠則の作品を展示している「豊島横尾館」。
豊島横尾館」は横尾忠則作品の世界観もさることながら、そのインパクト・驚きを存分に引き出している永山祐子の設計も秀逸です。庭に出たときの衝撃は、ぜひ体感してもらいたいです。ちなみに、ここはトイレもすごかったです。トイレも「トイレのインスタレーション」という作品になっています。トイレに用事がなくても、とりあえず入るべきです。
さらに余談ですが、SWICHというNHKの対談番組で永山祐子さんが「豊島横尾館」のお話をされていました。どうやら、妊娠中の仕事だったらしく、ご本人にとって重要なお仕事だったようです。
 
次に「唐櫃」。
唐櫃地区は海岸と丘からなります。まず、唐櫃丘から紹介していきます。
唐櫃丘のオススメは、なんといっても「豊島美術館」。瀬戸内国際芸術祭の会期中は、地中美術館と並んで人気スポットだったため、整理券の配布が行われていました。
 
豊島美術館」は、本当に丘の上にあり、勾配が急なところにあります。美術館の横には、棚田が広がっていました。また、美術館のある坂からは瀬戸内海が一望できます。美術館のあるところは、本当に開放的な場所で癒しが満天でした。
豊島美術館」自体は、森のなかに位置しています。白く、のっぺりとした建物が豊島美術館です。美術館といっても、絵画や彫刻のような美術作品が展示されているわけではなく、豊島美術館の空間そのものが作品です。
一日や四季を通して、泉を表現しているそうです。床をコロコロと転がる水が印象的でした。ゆったりと流れる時間のなかで、自然の生み出す音や光、空気の動きを体感できます。
 
豊島美術館」にいた時間は、わたしの人生の中でも贅沢で豊かな時間でした。
あの感覚を知ることができたのは、人生の宝物です。本当に、言い表せないくらいおすすめです。
 
次に「唐櫃浜」についてですが、こちらのオススメは「心臓のアーカイブ」です。心臓の音の聞こえるインスタレーションです。別途料金がかかりますが、録音をすることができます。「心臓のアーカイブ」に辿り着くには砂浜を歩くのですが、とても気持ちよかったです。景色が本当にきれいで、瀬戸内海は楽園かもしれません。

f:id:kahosblog:20170427141504j:plain

 

最後に「甲生」。

この地区には、スプツニ子!さんの「豊島八百万ラボ」があります。NHKのスーパープレゼンターのナビゲーターとしても有名ですね。MITの助教もされています。

f:id:kahosblog:20170427141436j:plain

この「豊島八百万ラボ」は恋をした女の子が人工的に「運命の赤い糸」をつくる映像作品と、赤い糸を作った研究室の展示があります。実際にお蚕さんが飼育されていて、驚きました。わたしが行ったときには、ちょうどお蚕さんが繭を作っているところでした。お蚕さん自体はじめて見て、しかも繭を作っている途中に出会えるなんて! とても、うれしかったです。

 

 

以上で、豊島の紹介は終わります。

とてもザックリとしていますが、感動や癒しや驚きが少しでも伝われば幸いです。

最後に大切なことなのでもう一度言いますが、「豊島美術館」は本当に人生で一度は行った方がいいですよ!

 

 

旅行したいけど人混みはイヤだな、という人のためのおすすめスポット part1

こんにちは。ヤマノカホ(@kaho_yamano)です。

 

突然ですが、大自然をバックに広々とした景色に身を投げ込みたくないですか?そんなときは、街を離れたくなりますよね。ついでに、日本列島の本島からも離れて、アートな空間に浸りたくなりますよね。

 

今回は、そんな余暇と心のゆとりを求めるオトナにおすすめのスポットをご紹介していきます。

 

そうだ、離島へ行こう

 

あなたは、「島ガール」という言葉を聞いたことがありますか?

読んで字のごとく、「離島を旅する女子」を意味します。実は、ガールじゃない大人の女性がガールっちゃうほど、独創的な芸術作品や自然を感じさせてくれる空間のある島があります。

そこは、直島・豊島・犬島

瀬戸内海に浮かぶ、小さな島です。犬島にいたっては、ほぼ人が住んでいません。この3つの島はベネッセアートサイト直島により、芸術を観光資源としています。

 

そんな3島へ、昨年の11月に行きましたので、今更ですがレポートをかいていきます。(元々、ブログを書くつもりがなかったので、大切なところで写真がないです)

 

昨年(2016年)は、瀬戸内国際芸術祭というトリエンナーレか開催されていました。この芸術祭は、新潟県大地の芸術祭のプロデュースをしている、北川フラムさんのプロデュースです。3年に一度開催されるので、次回は2019年になると思います。

 

直島

いっぺんに3島の記事を書くと、(ただでさえ読んでくれる人が少ないのに)長すぎで読んでくれなくなると思うので、今回は1島ずつ記事にしていきます。

ということで、今回は一番有名な直島について書いていきます。

直島は、香川県にある離島で、岡山県宇野港香川県高松港からフェリーまたは高速船に乗っていくことができます。

現代アートが島中に点在しており、草間彌生の【赤かぼちゃ】やモネの庭でも有名な【地中美術館】などがあります。

 

f:id:kahosblog:20170402163421j:plain

f:id:kahosblog:20170402163619j:plain

直島は、大きくわけて宮之浦と本村という2つの地区とベネッセハウスエリアの3つに分かれています。

わたしは、島中を歩いたのですが、正直きつかったです。目的地までの距離表示が2kmほどだったため「大丈夫でしょ!」と思ったのですが、ほぼ全域が山のため、2kmが想像していたものと違いました。素直にバスに乗ることをオススメします。小回りを求めるなら、電動自転車がおすすめです。なんのアシストもない自転車は、徒歩以上に自殺行為だと思います。

 

宮之浦は、直島の玄関口です。フェリーの到着する「海の家 なおしま」のインパクトはすごかったです。「離島は何もなく、穏やか」という、わたしの偏見は打ち砕かれました。この地区で行くべきところは、【I♡湯】です。この【I♡湯】は銭湯なので、500円で入浴することができます。外観のインパクトもさることながら、施設内もポップでセクシーで可愛かったです。ちなみに、グッズも販売されています。わたしは赤いタオルを買いました。

 

本村地区は、【家プロジェクト】多くあります。中でも人気なのが、ジェームズ・タレルの【南寺】。こちらの建物は、安藤忠雄が建築しています。ジェームズ・タレル作品は地中美術館にもあるので、あわせて見ておきたいところです。……「見る」というよりも、「体験・体感する」と言う方が正しい気もしますが。

 

最後に、ベネッセハウスエリア。こちらは、【地中美術館】【李禹煥美術館】【ベネッセハウスミュージアム】があります。山の上にあるため、バスに乗っていくことをオススメします。また、【地中美術館】は人気があるため、大型連休や瀬戸内国際芸術祭会期中などでは、整理券を配布することがあるので、ご注意ください。この3つの美術館では【地中美術館】が有名ですが、他の美術館もとてもよかったです。【地中美術館】が人気が集中しているため、わたしは李禹煥美術館】や【ベネッセハウスミュージアム】の方が、ゆったりと観ることができました。また、【ベネッセハウスミュージアム】は開演時間が早かったので、スケジュールのやりくりでも助かりました。

また、個人的な話ですが、瀬戸内に行く直前にモネ展に行ったので、【地中美術館】の作品のインパクトが薄かったです。わたしは、モネ展のモネ作品の方が好きでした……フラットな状態で、再び行ってみたいと思っています。

 

そんな直島ですが、わたしが行った11月は気候も穏やかで、とても過ごしやすかったです。山はきついですが、高台から見下ろす瀬戸内海は絶景でした。

f:id:kahosblog:20170402164122j:plain

写真では伝えきれないのが、残念です。ちなみに、わたしの瀬戸内旅行中の写真は芸術作品よりも自然の写真の方が多いです。(すばらしい作品のほとんどが撮影禁止だったせいもありますが)瀬戸内で感じた自然は、何よりも贅沢なものでした。

 

ほんとうに写真が微妙ですねー

ですが、感動や癒しは本物だったので、ぜひお時間あるときに訪れてみてください!

 

吉岡徳仁 スペクトル

こんにちは。ヤマノカホ(@kaho_yamano)です。

今日(3/25)の東京は、とてもあたたかいですね。春です。花粉症日和です。 わたしは普段は地方に住んでいるのですが、定期的に東京にくる機会があります。そんなときには、気になるイベントに参加するようにしています。

 

そして、今日行ってきたのが「吉岡徳仁 スペクトル」 銀座の資生堂ギャラリーで3/26(明日!)まで開催されています。

そこで今回は、吉岡徳仁作品についてとスペクトルのレポートを書いていきます。

 

吉岡徳仁について

 

まずは、吉岡徳仁について紹介をしていきます。 吉岡さんのHPの紹介文を抜粋して以下にご紹介します。

 

PROFILE

1967年生まれ。2000年吉岡徳仁デザイン事務所設立。

アート、デザイン、建築など幅広い領域において自由な着想と実験的なクリエイションから生まれる作品は、国内外で高く評価されている。

代表作には、紙の椅子「Honey-pop」、繊維構造の椅子「PANE chair」、結晶の椅子「VENUS - Natural crystal chair」の他、Swarovski Crystal Palace 「STARDUST」「Stellar」、YAMAGIWAの照明「TōFU」「Tear Drop」、au design project「MEDIA SKIN」「X-RAY」などがある。2002年から手がけている光学ガラスのプロジェクトを代表するベンチ「Water Block」はパリ、オルセー美術館に常設展示されている。

また、ISSEY MIYAKEのショップデザインやインスタレーションを20年近くに渡り手がける他、Hermès、BMW、MOROSO、TOYOTALEXUSといった世界有数の企業とコラボレート、SWAROVSKIの世界中のフラッグシップストアのコンセプトデザインも手がけている。 2008年には21_21 DESIGN SIGHTでの「セカンド・ネイチャー」展の総合監修、2009年、2011年には世界を代表するジュエラーCartierの特別展にて総合監修、アートディレクションを務めている。

数々の作品が、ニューヨーク近代美術館MoMA)、ポンピドゥー センター、ビクトリア アンド アルバート ミュージアム、クーパー ヒューイット国立デザイン博物館、ヴィトラ デザイン ミュージアムなどの世界の主要美術館で永久所蔵されている。

 

 

以上のように、世界有数の企業とのコラボレートや有名美術館での作品展示(常設作品が多数!)と、国内外問わずご活躍されています。また、賞も数多く受賞されています。

賞やコラボレートでは凄さがイメージできない人にお伝えしておきます。

吉岡さん、情熱大陸に出演されたことがあります!

葉加瀬太郎さんの曲をバックに、さまざまな作品の紹介やデザインに対する思想、海外の反応などが取り上げられていました

 

吉岡作品について

 

吉岡さんは、プロダクトデザインから空間デザインまで、幅広いデザインをされます。そして、その吉岡作品の特徴は、素材感と偶然性なのではないかなと、わたしは感じます。

吉岡さんの作品は、繊維、紙、クリスタル、鉱物の結晶、羽毛と、さまざまな素材をもとに作られています。そして、その素材感を通して水、雪、虹といった自然を表現されていることが多いです。そのなかで、とても重要な要素を担っているのが「手仕事」です。手仕事による美しさがコンピュータを介しては再現できない理由は、手仕事による偶然の美しさが潜んでいるからだと思います。その偶然の美が素材と結びついて、自然の美しさによって呼び起こされる感動や感覚を、吉岡作品はわたしたちに体験させてくれます。

吉岡さんの作品は、こちらで紹介されています。

 

吉岡徳仁 スペクトラム

 

では、いよいよ「吉岡徳仁 スペクトラム」のレポートをしていきます。

今回の展示会では、こちらのインスタレーションが展示されていました。

f:id:kahosblog:20170325225941j:plain

 

f:id:kahosblog:20170326112143j:plain

f:id:kahosblog:20170326112252j:plain

f:id:kahosblog:20170326112320j:plain

f:id:kahosblog:20170326112347j:plain

 

白くぼんやりとした空間に、輝くプリズム。 三角錐をもとにしたオブジェのから、光が差します。写真だとわかりにくいですが、空間が白く霞んでいることによって空中に虹色が見えます。そして、この光が、木漏れ日のようにうごき変化していきます。また、この虹色の木漏れ日が床や壁に映ることで、無数の虹の塊がゆったりと動いています。

幻想的な音が空間に響いているので、別世界に来たようでした。透明な長椅子(こちらも作品です。おそらく、オルセー美術館にある長椅子と同じものです。)に座って体感する空間は、ずっと浸っていたいと思うものでした。

そして、このオブジェの裏側では、吉岡作品について16minの映像が流されていました。この映像作品で、よりいっそう他の吉岡作品も見てみたいと思いました。まずは、東京都現代美術館(改修中のため、休館中)にいってみたいと思います。

 

みなさんも、気になった方はぜひ、吉岡徳仁作品を感じてみてください。

こんにちは。自己紹介をしてみます!

 

こんにちは。ヤマノカホ(@kaho_yamano)です。(リンクもスマートに挿入できないできるようになりました!)

 

「おまえは誰だ!」という方が多くいらっしゃることと思います。

ただのIT&ブログ初心者です。

「そんなヤツのブログを読んで、なんの意味があるんだ!」という方……

ごもっともです!!   

ITも文章も初心者では、なんの魅力もないと思われることでしょう。

しかし、初心者には初心者の魅力があるはず!

 

その魅力とは……、初心者だからこその成長ステップを公開すること!

これは、玄人さまにはできないでしょう。ふっふっふっ

 

成長する気のある初心者は、これからはじめる初心者の強いミカタです。ということで、IT兼ブログ初心者がブログを運営したらどうなるのか、公開しつついろいろと書いていきますので、何卒、お付き合いいただければと思います。

 

ざっくりと自己紹介

 

最初の記事は、何を書こうか迷いました。せっかくだから、バズるものを書きたい。けれど、バズったところで他がないのは困る。お風呂で、じっくりコトコト考えました。

そこで出た結論は、自己紹介!無難ですね。でも、いいんです。初心者ですから!

 

では、軽く自己紹介を……

 

名前:ヤマノカホ

年齢:平成生まれのセーラームーン世代(セーラーマーキュリーが好きでした)

職業:他人の将来について一緒に考えていく仕事

趣味:読書、ネットサーフィン、ひとごみ散策

特技:妄想(小学生だったわたしは何度もハリーポッターとの冒険を経験しています)

身長:170㎝に㎜単位で届いていない

 

こんなところでしょうか。とりあえず、名前と背の高さがわかりましたね。

その他の回りくどい紹介はなんでしょうか。わたしは、ネット社会で具体的な詳細を書くのはこわいです。情弱なわたしは、ネットのリサーチ力に恐怖しています。

しかし、小出しに何かが出てくる可能性はありますから、期待していただければと思います。

 

ひと通り書いて「我ながらウザい文章だな」と思いますが、文章力も向上していきますので、ご期待ください(‘ω’)ノ